秋を楽しむ
今週は努めて心を休めよう,ということで半日休暇を二日ほど計画し,秋の渓流を訪ねることに・・・.

久々にドコモの電波の届かないところで,若干ドキドキしながらちょっとした沢をわたって撮影を楽しむ.
モミジの葉はすっかりと落ち,ちょっと出がらし感のある風景ではあるものの,何も無いところがリフレッシュには
ちょうど良かったのかもしれない.落葉の色と苔むす岩の調和,なんとも言えずじっくり撮影.


f0107183_1748194.jpg

f0107183_17485449.jpg

f0107183_17492195.jpg

f0107183_17494764.jpg


モミジの落葉発見.できるだけシンプルに切り取る.

f0107183_17503566.jpg

f0107183_17513920.jpg


大きなモミジの木の下に移動.こんな場所もあったのか,と感動.来年は落葉前に是非行ってみよう.

f0107183_17532948.jpg


年配のハイカーが40人ほどズラズラと歩いていらして,ちょっと恥ずかしいものですね.
ほれ,フィルタをムリムリに手で持って貧素に撮影しておりましたので,挨拶もロクにできない始末で・・・(笑).



話題代わって,今年チャレンジしてきた,とある小物での撮影.
「落葉の炎」

f0107183_1759797.jpg


2枚目は「落ち葉の重ね着」と題してみました.

f0107183_17594726.jpg


メイキングの様子概要はyoutube にアップしてみました.

その1:http://youtu.be/gInxYxnUiSs
その2:http://youtu.be/5QY0Itx2o8c



モミジでもなんとか撮れないか,と若干粘って・・・.

「分身の術」

f0107183_184716.jpg


角度を選んで,

f0107183_1845692.jpg


少し引き気味に.

f0107183_1854712.jpg


そして背景を選んで,もう少し離して,題して「会いたくて・・・」.

f0107183_1865491.jpg


モミジ自身の映り込みですが,その点はあまり気にしないで・・・(笑).



本日はカワカミ君と,カワシモ君(新たに命名)を確認してきました.
二羽とも恥ずかしがり屋なので,毎回のようには上手く撮れませんが,それでも観察できることに感謝.

f0107183_1894552.jpg

f0107183_18103033.jpg


↑ 2枚ともカワカミ君です.カワシモ君は,枝に隠れるのがもっと得意で,昨年のように望遠装備を強化して
観察する必要がありそうです.




[PR]
by hesse65 | 2012-12-02 18:14 | カワセミ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hesse65.exblog.jp/tb/18222252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yae at 2012-12-06 15:00 x
これどこでしょうね?とても落ち着く風景
苔が何ともいいですね、渓流の音もこちらにまで伝わってきます^^
岩にしがみついてるちっちゃなモミジも可愛らしい。
私も紅葉の時期になるとhesseさんを思い出すんですよ^^
こちらは、ピークは雨続きでゆっくり楽しむことは出来ず
あっという間に冬が来てしまい、なんだか気持ちが追いつかないのですが^^;
こちらで秋気分を楽しませていただきました。

「会いたくて」なるほど~葉っぱ同士、会いたがっているようですね(笑
ワタクシ、ひどい乱視なのですが、フィルターを回しても動画のように
何重にも映らず・・・どうしたらこのように映るのでしょうか?^^;
特殊なフィルター?
それにしても発想がすごいですね!^^
Commented by hesse65 at 2012-12-09 07:21
>yae さん:
おはようございます.
京都府南端の笠置町,布目川の清流です.モミジも終わって,ちょっと残念ではありましたが,
初めての長時間露光,楽しむことができました.いつか,水量,緑が豊富な比良山界隈でじっ
くりと撮ってみたいと思っています.
北海道の秋は短いようですね.以前にニセコに行ったときの秋の広がりを思い出しました.
またあの時期に行ってみたいなぁ~,なんて・・・.独特な秋,上手く撮れるように,ご近所で
練習しているような感じです.短い北海道の秋,訪ねた時に間違いなく撮れるように・・・.

フィルター,と書いていますが,カメラ用のいわゆる製品のフィルターではありません.
自分で適当に思いついた小物を通して,光を透過・屈折・反射させて分光しています.
なので,特殊といいますか・・・,想定外の写真になる唯一無二の勝手フィルターですよ(笑).
デジタル時代ですが,ソフト処理をあまり好ましく思えず,あくまでも光の性質を理解すること
の方が楽しく,ファインダーの中でのワクワク感が写真撮影の醍醐味と改めて感じてます.
<< もみじ謹呈 2012-1 11月3日 カワカミ君 >>