ツバメ号
久々に更新します.

本日はカワセミ撮影の合間に撮影したツバメ号の様子を・・・. 


f0107183_20143519.jpg

f0107183_2015131.jpg


そして飛行編隊.

f0107183_20155063.jpg

f0107183_20161016.jpg


幼鳥ならともかく,親鳥は少し難しいと思いますが・・・.コースを読み切れば,なんとか撮れるような気がします.

給餌の様子も何枚か・・・. 巣立ちしたばかりの雛,この時期ならではの光景のように思います.

おーいっ! 親が近づくと,口を開けますが・・・.これはなかなか可愛らしいものがありました.

f0107183_2018693.jpg


唖然とした顔を一枚.

f0107183_20195222.jpg


接近中を一枚.

f0107183_20205846.jpg


着艦を一枚.

f0107183_20214075.jpg


さて,親鳥は口の中に頭をつっこんで・・・.

f0107183_20225066.jpg


それですっぽりと・・・. お見事です.

f0107183_20233994.jpg


すぐさま離脱の準備を.

f0107183_20242356.jpg


そして離脱.

f0107183_20245866.jpg


まぁ,しかしこのハイスピードの世界で生きているものでありますね.

ツバメの雛君も,ガルウィングなんてするんですね.

f0107183_20264492.jpg



さてさて肝心のカワセミですが,私たちのフィールドでも雛が登場しました.残念ながら確認できたのは1羽のみ.
皆さんのサイトをご覧下さい.
 ひげすずめさんのページ
 Zingbay さんのページ
 Katsu さんのページ

鳴き声的には,雛は合計3羽いると思っているのですが,いまだ見つけられずにいます.

昨日と一昨日は,その1羽の雛と親鳥(カワ夫君)が一緒に行動している姿が観られました.
今朝はカワ夫君のみ.
ここ数ヶ月と様子が違うのは,以前の止まり木をベースにし始めているという点でしょうか.
加えて,昨日はここ1年で最大の鳴き声を聞きました.かなり叫きながら,J枝の方に向かっていました.
雛1羽と少し距離を置き始めたのもあるのか,何かが吹っ切れたように聞こえましたが・・・.

池面は一面藻だらけなので,そうそう餌は採れない筈です.にも関わらず止まるために立ち寄っているということは,
やっぱりかなり良い場所と思っている証拠.雨が降って少しでも藻が流れれば,それなりにまた定住するような・・・
淡い期待をしています.



[PR]
by hesse65 | 2012-06-07 20:42 | カワセミ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hesse65.exblog.jp/tb/17629995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HigeSuzume at 2012-06-08 12:29
呆然とした表情、ナイスショットですね。
右側の巣立ち雛さんには申し訳ないですが、とても微笑ましく思いました。

ホバリングしながらの給餌は見事なものですが、
それを捕えているhesseさんの撮影もお見事ですね。
私がツバメを撮ると、シーン的にどうとかと言う前に、
背中が全部まっ黒けに写ってしまいがっかりします。
hesseさんを参考に精進したいと思います。
でも、今週末は天気悪そうですね...
Commented by hesse65 at 2012-06-09 17:18
>ひげすずめ さん:
先ほどはどうもでした.

この時期限定なんでしょうけれど,ツバメの雛を注意してみておりますと,電線や木の枝,
カワの土手,色々な場所で止まっては,親からの餌を待っています.1週間も経てば,
止まっていた場所から自ら発進して親鳥に近づいて空中キャッチなんぞをしているようで,
それはそれで見ていて面白いですね.大切な餌がこぼれないように,口の中に押し込む
様子は,生きるための知恵というのか,今まで気が付かなかった点でありました.

カワセミのヒナですが,結局見ることが出来たのは月曜日と火曜日のみ.それ以降は,
カワ夫君のみです.昨年と比較すると,雛の数は違いますが,親離れの日にちもほぼ
同じですね.カワ夫君の行動バターンも昨年と同じとしますと,J枝はじめ小池でも姿を
見ることができると思いますが,さてどうなりますやら.

Commented by HigeSuzume at 2012-06-14 12:32
hesseさん、こんにちは。
hesseさんの予測どおり、「先ほどはどうも」の時に構えておられた柳やJ枝にも、
10日にカワ夫君が来ました。
予測は大当たり。
今年の雛ちゃんは小池に執着持つような環境ではないので、出戻りチビカワちゃんと
カワ夫君の絡み姿が見られるかどうかは微妙ですね。
10日は川の堰と橋の間のコンクリ孤島にチビちゃんが居ましたよ。
Commented by hesse65 at 2012-06-15 22:00
>ひげすずめ さん:
こんばんは~.
その後も,カワ夫君は3日連続でJ枝に飛来しました.以前に貴殿とJ枝の前で
待っていた頃がありましたよね~.それを久々に思い出しましたが,同じように
北方向から飛んできたりして,非常に嬉しく思いました.藻は相変わらず堆積し
ていますが,あのJ枝は毛繕いポイントと定めているようで,しっかりと毛繕いを
して立ち去る,というパターンを繰り返しています.
ヒナ君の行方は,ほんと見えないですね.近くに居ることには間違いが無いよう
で,時々カワ夫君が気にしている素振りをするのですが,お気に入りの場所が
定まっていないようにも思えます.J枝にも止まっていたり,Zingbayポイントの
枝,階段の上の枝,橋の下の石,カワセミが好きな場所は,案外と同じなのかも
知れませんね.
写真の整理が出来ずにいますが,できれば日曜日にやりたいと思っています・・・.
<< 7月28日 かわせみオレンジ 4月1日 カワ夫君 近接撮影 >>